読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あすなろ日和

お笑いなどすきなことを書く

2016/9/4 IN A LIFETIME GRAPEVINE×TRICERATOPS 福岡国際会議場メインホール

お笑いと無関係ですが見てきた。
1stアルバム再現ツアーなので1stさえ聞いておけば基本的には網羅できる。

会場ごとに先手後手を変更してるらしく福岡ではバイン、トライセラの順。

バイン田中さん「今日は台風が来てどうなるかと思ったけど来れてよかったな。帰りはひどいことになってるぞ」
と、客をあおるMC。
ドラム亀井さんがハットをかぶってることもありマシンガンズ西堀さんに見えて仕方なかった。
バインファンは基本的におとなしく、ワーキャーではなくしっとりと盛り上がっていた。

バインが終わり転換に15分かかるとアナウンスがあり、トライセラの出番に。
アラサークネクネダンスおばさんがいると聞いてましたが自分も似たようなものだった。
1stはリアルタイムで聞いていて今も歌詞を見ずに歌える曲ばかり。
和田さん「普段僕らのライブはバラードを2,3曲目で挟むんだけどこのアルバムバラード入ってないんだもん。」
実際1stは1時間もなく、持ち時間が余ってしまうためMCを多めにするとのこと。それはいつもどおりなのでは。
「僕は今でもこう思ってます、アイ・ラヴ・エスカレーター」「これをデビュー曲にしようと思った、Star Jet」
このアルバムは乗り物の話が多いよねーという話題になり
ドラム吉田さん「彼女も乗り物だもんね」と。
ライターとジーンズと果物とTシャツの立場は。
ベース林さん「口に髪の毛が入ってる感覚がするんだけど」
などMCはいつもどおり自由。バインに比べたら曲もMCもかなり明るいし客もワーキャーではなくフーと言う。

アンコールはローリング・ストーンズ
吉田さんとバイン高野さんがハンドマイクを持ちステージで騒ぎながらコーラスをする。

ROCK MUSIC、エレウテリアはそれぞれ半分づつメインボーカルを変えつつ。
曲名はわからないがポールマッカートニーでおしまい。

トライセラはここ数年連続でツアーへ行ってるがバインは2回目。
ホールで見ること自体はじめてで、サイリウムも持たないし待ち時間に推しメンの名前を叫ばないコンサートは久しぶりだった。
20年前からかっこいいと思ってたおにいちゃんたちは渋いおじさんになっていた。
ファンはアラサーアラフォー多めですが溶け込める年齢なので若いお笑いファンとは違った安心感もある。
どちらのバンドも学生時代から聞いてきた(間が抜けることもあったが)バンドが今も活動してることに感謝しています。