読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あすなろ日和

お笑いなどすきなことを書く

2016/12/23  『8人のチャレリストたち~俺たちはいつも挑戦していくのだ~』

よしもとYOKAYOKAライブ スリーナイン金田presents

『8人のチャレリストたち~俺たちはいつも挑戦していくのだ~』

 

誰の顔と名前が一致しないまま見に行きました。
8人の芸人さんたちが全身タイツを着用。
ビブレの音響らへんにマイクを持った方が神として彼らに指示を与えミッションクリアを目指す、というもの。
お名前をちゃんと把握してないのですが、全員個性が光っていてとても面白かった。
次はちゃんと彼らのネタライブに行きたい。
気になったのが、特定の芸人ファンの女の子が。
お気に芸人が活躍すると拍手笑いを沢山していた。
何をしても笑うんだろうなあ。
よしもとの団体芸をしっかり見られたので満足。

2016/10/14 TITAN LIVE

シネマで鑑賞。

 

ミヤシタガク 歴史
年号で歴史を振り返る。
最初は普通に日本史だが、段々おかしな方向に。
もっともっと長尺で見たいです。
ポップコーンやコーラのようにハジけたと思います!

 

ネコニスズ DJ

ごみ屋敷の住人が自作のDJ機器でカッコイイ音楽を流すネタ。

音源も自分で作ったんでしょうか?


脳みそ夫 ちびっこジョン・レノン
ぶっとビートルズ!、変なイマジンするなよ!、オノ・ヨーコしか笑ってない!
など、分かりやすく寄せてて、詳しくない人でも分かりやすいと思います。


松尾アトム前派出所
「長野県」の発音がいつも気になる。九州では「が」にアクセントがあります。


ゆりありく マジシャン
りくくんが葡萄を咀嚼してる姿がカワイイ。
台本にない笑いばかりとってる、とゆりあさんがボヤいてました。


瞬間メタル 男のコント
始まって少しして手袋をはめてましたが、右手だけなんですね。


ウエストランド 憧れ
9月のタイタンライブレアで見たネタのような気がします。
もう一度見たかったので嬉しい。


日本エレキテル連合 グラマラス外国人
説明が難しいのですが、妄想で胸や尻を触るコントです。
実際に触っていましたが。
 

長井秀和 宗教
いつものやつです。


BOOMER&プリンプリン 小学生
河田さんが小学校の先生であとの3人は小学生。
先生が一番若く見えるので設定に無理があるように思います。
彼らのネタがみられるのはココぐらいなのでもっとクオリティが高かったらなあと思います。


パックンマックン 大統領選挙、ファミレス
アメリカ人は英語の発音いいですね。
パックンは池上彰さんと大統領選挙関連の番組に出るそうです。


東京03 正論
飯塚さんがド正論で正される。
豊本さんのセリフの少なさはいつものことですかね…。


インスタントジョンソン ほら吹き
じゃいさんがほらを吹き続ける。
どこかに本当の雑学が混じってるのでは?と思ったがそんなことなかった。
エンディングではじゃいさんしかいませんでした。
ゆうぞうさんは別仕事、スギ。さんは子供のお迎えだそうです。


南海キャンディーズ ゾンビ
登場は懐かしのポーズでキメてくれた。
ゾンビがはやっていますが、しずちゃんがいれば安全ですね。


爆笑問題 時事
とりこぼしてるニュースをきちんと拾ってくれるので漫才を通して世間を知ってる感じになります。
事前にピコ太郎の映像を抑えておいて良かった。


辻仁成
zooとタイタン社歌を熱唱。
歌いすぎてCDと歌い方が全く違う。
歌手のときは「じんせい」読みだと知りました。
どうしても作家のイメージがあるので。


エンディングではもうすぐシネマライブで出演したメンバーも舞台にあがり社歌を歌っていました。
BOOMER&プリンプリンが今夜ぷっすまに出ますと言ってましたが遅れ放送地域なのでしばらくしないと見られないですね。

先日、WEL九州も見てきたのですが、推し芸人があまり活躍されなかったので割愛します。

2016/9/24 ~Wa Latte~

2016/9/24 ~Wa Latte~

司会はひかえめトランスと(おそらく所属の)女性タレントさん。
ダチョウ倶楽部の「聞いてないよ~」をやるものの、ほとんど20代の客層なのでピンと来ず。
アラサーなのでとても懐かしく感じましたが。
前半ネタ披露、企画コーナー、後半ネタ披露。


クウィーんず。
トップはお客さんが重たいせいかあまりハネず。
早口ぎみで聞き取りずらかったため聞こえない言葉もあったのが残念。


後藤杏吾
メンヘラおばあさんに振り回される。
おばあさんになってもおじいさんを束縛する上に西野カナを歌うキテレツなネタ。
もっと破天荒にしても良さそう。


キャラメルポップコーン
吉村さんが解散するぞと息巻く。
結成1年未満でそんなネタは早くないだろうか。
白濱さんのキャラはかわいらしくて同性にも人気出そう。


ひかえめトランス
企画コーナーで髪の毛を切るハメになったものの存外気に入った様子。
唯一の正統派漫才っぽいので今後も見たいですね。


パピプリオ
モンゴル帰りの帰国子女をバカにする。
「モンゴルはほぼ日本」「バンドやるために宮崎へ行くようなもの」など
ワードチョイスが絶妙。方言が少なめなので聞き取りやすい。


本日初舞台の男性。
名前はわかりませんが長崎出身。
漫談やコントではなくすべらない話でしたが初見でもスっと入ってくる話のうまさだった。
長崎バイオパーク、行きたいですね。


企画のコーナー。
それぞれ罰ゲームを考えそれを実行するゲーム。
恥ずかしい話、シャリワサビネタカラシ(逆かもしれません)、千円紙ヒコーキ、水戸なつめ、キャーケツバットなど。
千円札で紙ヒコーキを作り飛ばすゲームと説明したあと色めきだつ客。
後藤さんが「この紙ヒコーキのやつは19のやつですね」と昭和産まれのようなことを言い出すも、
客も芸人も殆ど平成産まれなのでピンと来てないよう。
私はアラサーなのでとてもよくわかりました。

どの罰ゲームも照れなくやりきっていたので見ていて楽しかった。
罰ゲームなので少し可哀想な気もしますが、企画のコーナーに名前がつくことを願っています。

2016/9/11 サンドウィッチマンライブツアー2016 北九州芸術劇場 大ホール

前説はスチューベンのゆっけジェニーさん。
1本目が始まりメンバーが登場するだけで拍手喝采。
2人目が出てきても拍手喝采なので、登場だけで3度やり直す。

漫才の冒頭ではなかなかネタに入らず、客いじりをはじめる。
・「キメ顔して」に対しキリッとした表情をする2人
・「トミオ」と書かれたうちわの裏側には梅沢富雄さんの顔写真
・ホークスのユニフォームを着てる伊達さんうちわ「楽天にしてくれ」 等

「僕らの初舞台からずっと追いかけてきてくれるおじさんのファンがいるんですよ。ねえ小島さん?」
と伊達さんが言うと小島さんにスポットライトがあたりハンドマイクで話始める。
今何分?の問いかけにもスッと答え、本人よりも回数などを把握している熱狂的なファンの方。
「ずっと来てくれるから2、3回目で笑わなくなるんだよね」「それは盛り過ぎです」など、やりとりが逐一面白い。
有名ファンを見られただけでも来た価値はありました。

まだツアー中なのでネタバレにならない程度で。
とあるネタで客席に降り立つが客がおとなしいため手を伸ばしたりが全然無い。
挙句「お客さんが作り笑いしてるのね」と言われる始末。その間、相方さんがニコニコと呆れつつステージに戻ってくるのを待っていた。
また、トイレに行く客を追いかけて「どこ行くの?戻ってくるの?」と個々に話しかけていたのも印象的。
とある映像ネタが本当にふたりともふざけまくってて涙が出るほど笑った。
40分収録してぎゅっと6分に詰め込んだそうだ。完全版か長い版はDVDに収録されるそうなので今から楽しみ。

終焉後、グッズ購入者には握手をしてくれた。
ハガシもなく、時にはハグまでしてくれるファンサービスつき。
頭からお尻まで楽しませてくれた。
またツアーに行きたいと思います。

2016/9/5 TITAN LIVE Rhea

ミヤシタガクさんのネタが見たくなり、夏休みを取り東京へ。

阿佐ヶ谷へ向かう前に立ち寄った喫茶店でJ力舎の芸人さんを見かける。

開場前にザムザ阿佐ヶ谷へ場所の下見に行くと小声で練習している芸人さんに何組もすれ違う。

客席では靴を脱ぎ、段差に腰掛ける感じで座る。
ライブハウスみたいなところだと思っていたが小劇場のような所でした。
他人との距離感はライブハウスぐらいの近さ。

オープニング、司会はウエストランド
今回のライブは全員全組所見の方々。会場前ですれ違った方もいますが。
二人ともテレビで見るそのままの姿。マイクは使用せず地声のみで話していたので声量は大きそう。
河本さんは嫁に子供を見せてこいと頼まれお子さんを連れてきたそうだ。
井口さんは赤子に対し「ボクが育ててますよー」と。
泣き出したのでシティホテル押田さん、僕があやしますよーと言い何のひねりもない、いないいないばあを出す。
案の定泣きやまず。


松尾アトム前派出所
暗転中にスタンドが倒れ、若干ネタバレした状態からネタがスタート。
私自身、農業の経験は少しだけありますが知らないことだらけの農家あるあるはとても新鮮。
画面越しで拝見するよりずっとお若く見える。肌が綺麗。
ニュートンのギャグってなんだか笑ってしまう。


グリーンマンション
もうすぐタイタンライブでしか見た事がないので、長時間のネタは初めて。
当たり前ですが短いよりも長い方が面白い。


脳みそ夫
お笑い映像をネットで見ていたら水槽に入った脳味噌と漫才している青年が気になっていた。
最近は脳みそとはネタをせず聖徳太子モーツアルトに扮したコントを披露している。
今回はカーネルサンダースの娘。これからもちゃんとフザけてるネタをたくさん見たい。


ネコニスズ
薬物防止ビデオコント。
ヤマゲンさんが教官となり舘野さんに指導していく。
二人ともやくざのような派手な柄シャツに黒ジャージがとても似合っていた。
こんなに面白いのにM-1落ちたそうだ。


シティホテル3号室
取り調べ。
大学生ウェイウェイ、改札前カップルなどウザいとされる代名詞がたくさん。
1面もそろわないルービックキューブに夢中になってる場合じゃない。


日本エレキテル連合
内容には触れないで欲しいとお達しがあったため詳細は省きますが、世界観が本当にすごい。
彼女たちにしかできないコントが見られたと思う。
事務所に入る時のネタ見せ?か何かのネタだったらしく、所見のウエストランドは大変驚いたそうだ。
ネタの終わりでは観客が思わず、あぁっと声を漏らす。これはライブでしか絶対に見られない。


ミヤシタガク
いつでも手加減なしのソリッドなネタが見たくて見に来た。
出囃子がモーニング娘、「時空を超え 宇宙を超え」だったのでその時点でかなり満足。
ネタは車メーカーの謝罪会見。
しっとりと謝罪を始めるも、徐々におかしな方向へ。
クスクス笑いが続くネタがとにかく好きなのでずーっと見ていたかった!


ウエストランド
井口さんがしゃべっている間、河本さんがニコニコしながら眺めていた、無口のままで。
河本さんの井口さんディスリを見ることが出来てうれしい。でも二人とも仲が良さそう。


長井秀和
漫談。気がつけばいつもの宗教のネタに。
関わりの無いところですが、こんなこと言っていいのか、といつもヒヤヒヤする。
そのヒヤヒヤが楽しいんだ、間違いない。


フリーの方々、それぞれ顔と名前があまり一致しないので個々の名は控えます。
・天才子役のコントで、床がすべりコケて肘を打ち「あぁ~ザムザ~あぁ~」と言ってたのがおかしかった。
・デカイ、アラレちゃんみたいな男性がアラレちゃんみたいでスゴイ


プルメリアンズ
二人ともシロウトお笑い芸人にいそうな、どこかで見たことあるような顔つき。
それぞれコンビで活動してからの結成らしく、貫禄もあったりする。
地方民はなかなかネタを見る機会がないのでアレだがサクっと売れそうな雰囲気がある。


ザ・ギース
進路相談。
学生がミュージカル俳優になりたいと言った途端、ミュージカルがはじまる。
終わった瞬間、割れんばかりの拍手が!これは、とてもいいものが見れた。

 

エンディング。
ネコニスズの元気がなく、ミヤシタさんがどうしたのかと聞くと
ヤマゲンさん「M-1落ちたからや!」
驚きと含み笑いがまざった表情をしながら手を頭の後ろや前へ持って来、慌てるジェスチャーを何度も。
底意地の悪さが爆発してた。
また、フリーの後輩がお弁当の醤油かソースをシャツにかけられたらしく誰もハンカチティッシュを持ってなく
仕方なく自分のティッシュでふいた。
「オマエはげんしじん事務所出禁だからな!」とただのパワハラ
また、自動車教習所を退学したこともあるそうだ。
「(左折か右折が苦手すぎて)こんなとこやってられるか!といって辞めてやりましたよ!」
今も現役でトガってるミヤシタさん。
終焉後にお話させて頂き、和やかに応対して頂いたのでさっきまでの暴君が嘘のよう。
これみよがしに「九州から来ました」と言ったせいかもしれません。
気軽に来れる距離ではないので頻繁には足を運べませんが、また涼しい時期になったら行きたいですね。


また、翌日AbemaTV FRESHという原宿でやってる公開生放送のネット番組を見に行きました。
長時間はいられませんでしたが、ぐりんぴーすとマシンガンズさんが出演してた。
今回はタイタンのライブだけ見られればいいと思っていたので、大変ラッキーでした。
落合さんに「タイタンの誰を見に来たの?ウエストランドだったらいいなあ」と。
ミヤシタさんを見に来たと言ったところ相当なお笑いマニアだと認識されましたが、そんなことはないと思います。
地方で見られるライブは限られていますし、公式・非公式の営業も含めてもそんなに無名な人は出ません。
やはり地方に住むということは関東と相当なイニシアチブがあるな、と痛感しました。
それは関東を中心に活躍している人を見られないという点においてですが。
もちろんテレビで見るお笑いも面白いですが、ライブはそれ以上に面白いです。
目の前でツバや汗が飛ぶのを目撃できますし、手の震えもわかる。とても非日常の空間です。
明日はサンドウィッチマンを見てきます。

2016/9/4 IN A LIFETIME GRAPEVINE×TRICERATOPS 福岡国際会議場メインホール

お笑いと無関係ですが見てきた。
1stアルバム再現ツアーなので1stさえ聞いておけば基本的には網羅できる。

会場ごとに先手後手を変更してるらしく福岡ではバイン、トライセラの順。

バイン田中さん「今日は台風が来てどうなるかと思ったけど来れてよかったな。帰りはひどいことになってるぞ」
と、客をあおるMC。
ドラム亀井さんがハットをかぶってることもありマシンガンズ西堀さんに見えて仕方なかった。
バインファンは基本的におとなしく、ワーキャーではなくしっとりと盛り上がっていた。

バインが終わり転換に15分かかるとアナウンスがあり、トライセラの出番に。
アラサークネクネダンスおばさんがいると聞いてましたが自分も似たようなものだった。
1stはリアルタイムで聞いていて今も歌詞を見ずに歌える曲ばかり。
和田さん「普段僕らのライブはバラードを2,3曲目で挟むんだけどこのアルバムバラード入ってないんだもん。」
実際1stは1時間もなく、持ち時間が余ってしまうためMCを多めにするとのこと。それはいつもどおりなのでは。
「僕は今でもこう思ってます、アイ・ラヴ・エスカレーター」「これをデビュー曲にしようと思った、Star Jet」
このアルバムは乗り物の話が多いよねーという話題になり
ドラム吉田さん「彼女も乗り物だもんね」と。
ライターとジーンズと果物とTシャツの立場は。
ベース林さん「口に髪の毛が入ってる感覚がするんだけど」
などMCはいつもどおり自由。バインに比べたら曲もMCもかなり明るいし客もワーキャーではなくフーと言う。

アンコールはローリング・ストーンズ
吉田さんとバイン高野さんがハンドマイクを持ちステージで騒ぎながらコーラスをする。

ROCK MUSIC、エレウテリアはそれぞれ半分づつメインボーカルを変えつつ。
曲名はわからないがポールマッカートニーでおしまい。

トライセラはここ数年連続でツアーへ行ってるがバインは2回目。
ホールで見ること自体はじめてで、サイリウムも持たないし待ち時間に推しメンの名前を叫ばないコンサートは久しぶりだった。
20年前からかっこいいと思ってたおにいちゃんたちは渋いおじさんになっていた。
ファンはアラサーアラフォー多めですが溶け込める年齢なので若いお笑いファンとは違った安心感もある。
どちらのバンドも学生時代から聞いてきた(間が抜けることもあったが)バンドが今も活動してることに感謝しています。

2016/8/6 笑い飯×麒麟×千鳥のおもしろトリプルコンボライブin福岡

笑い飯麒麟、千鳥、ゲストはどんぴしゃ。

ライブ構成はフリートーク、ネタ、ゲストを交えた大喜利

前回の大喜利ライブ熱も冷めぬうちにまた同じ会場で、しかも前回より前列で見ることが出来てとても嬉しい。
フリートークでは今まで知りえなかった情報が沢山出てきて新鮮だった。

・西田さんは今でもジャンプとコーラを嗜む(菓子ってよう食わへんやん、の流れから)
・大悟さんの実家にお邪魔したが、BBQは島の魚ではなくステーキ肉。朝食はパン。
 こういうのを求めてるんじゃないと参加者から不満げな声。
・ノブさんは以前脳みその血管が不具合を起こしたらしく入院していた。
 入院中は感情豊かになってはいけないらしく
 お見舞いに来た川島さんに対しオチ前になると「言わないでください」と言ったらしい。
 今も若干の不具合があるらしく、辛いものを食べた後に泣くと血管が大変らしい。
他、「麒麟の部屋」のご近所から苦情が来た話など。


ネタは以下。
千鳥…タクシー
お互いのアドリブが多く、お互いニコニコしてたのが印象的。

麒麟…ぶらり途中下車
きっちり笑いをとる姿がとても格好いい。

笑い飯…シンデレラからのサンタウロス
これもアドリブがとても多い。
テレビで見たこともあるが涙が出るほど笑った。


ゲストコーナー。
おなじみのどんぴしゃ。福岡在住なのにそこまで愛されていないのか拍手もまばら。
長渕に扮した赤峯さんと王会長の森本さん。
森本さん、ズボンのバックルが普段着用なのとおしゃれなスニーカーをはいていたのでイジられる。
パネルに出された単語をどんぴしゃが選択し、ノブさん以外の人が彼らが何と答えるかを当てる大喜利だった。
それぞれ扮したキャラに沿って答えていくが中の人の心がブレたりした回答もいくつか。
気負ってるのか空気があまり読めていないのか精一杯フルスイングするも空振りのような状態が多く少し悲しい。
最終的にキレイに落ちたので良かった。

ところで赤峯さんはまゆげが細すぎるので多少太い方がイカツくなさすぎて良いと思いますがどうでしょうか?
「どんぴしゃ」で画像検索すると好青年の赤峯さんが出てきて大変驚きますのでお試しあれ。


そのうちまた来たいと3組おっしゃっていたので期待。
次回も行きます。